レーザー脱毛がおすすめな人の毛質は?

ワキ脱毛のレーザー脱毛は、短い期間や少ない回数でしたい人や確実に脱毛したい人、エステサロンで実感出来なかった場合、ワキやVラインなど太い毛の脱毛、肌が弱い人や脱毛に不安がある場合、勧誘などを受けたくない人に向いています。
とくに、毛質が硬くて多くて太い人は、脱毛サロンのフラッシュ式よりも、医療レーザーの方が出力が高いため効果が出やすいです。
パワーが強いので少し痛みがありますが、医療機関での施術なため麻酔を使用することも出来ます。
肌が弱くても医師や看護師のカウンセリングもあり、医師と不安なことなども相談してから施術を検討出来ます。
脱毛したくても肌質や痛みに不安がある場合は、無料カウンセリングを受けてから医師と相談してから検討していくと安心です。
エステだと低価格の体験コースがありますが、クリニックはそれもなく勧誘などもありません。

サロン脱毛がおすすめな人の毛質は?

サロン脱毛で使用されている脱毛機器は、光の照射をすることで特定の色素に反応するようになっています。
この性質から黒色に反応するように照射して、熱を加えることで毛根から抜け落ちるようにするのがサロン脱毛の方法です。
そのため、毛が生えたばかりのうぶ毛には反応が薄く、少なくともある程度育った状態で黒色に見えるものに有効となります。
つまり、剛毛と言えるような濃い人には効果が高く、対する産毛のようなものが生えている毛質の人にはあまり効果が見られません。
また、自己処理で毛根から毛を抜いている人には効果が出ないので、ワキ脱毛を考えている人はカミソリで剃る程度に抑えてからサロンで脱毛施術を受けた方が良いでしょう。

毛質によって効果や回数はどれぐらい違う?

ワキ脱毛の効果や回数は、個人の毛質によって異なってきます。
少ない人だと回数も少なくてムダ毛が無くなるのも早いですが、剛毛だったり量が多いと平均よりも多く通ったりムダ毛が無くなるまでも時間がかかります。
1ヶ月経過しても全く毛が抜けない人や、10日ほどで直ぐに抜ける人もいますし、脱毛サロンと美容クリニックのレーザーでも違います。
平均的な自己処理が不要になるぐらいまでのワキ脱毛の回数は、医療レーザーだと4回から6回、脱毛サロンだと10回から16回ぐらいです。
クリニックなら約1年、脱毛サロンだと約1年半から2年半ほどかかります。
とくに脱毛サロンは、クリニックに比べるとサロンによって多少が違いがあり平均回数にも幅があります。

毛質によって回数が変われば料金も変わる!

ムダ毛の毛質は人それぞれ違うものです。
太くて濃い剛毛の人もいれば、細い毛だけどふさふさいっぱいある人もいます。
ワキ脱毛では、毛質の違いによって脱毛完了までの回数が変わってくることがあります。
単純に剛毛だから回数がかかるというわけではありませんが、毛質によって施術の回数が変われば料金も変わってくるのです。
もし、料金が増えたら困るとお考えなら、脱毛完了まで一定料金で追加料金のかからない脱毛サロンを選びましょう。
脱毛サロンによっては、ワキ脱毛のお得なキャンペーンを行っているところもあるので、そういうサロンを利用すれば、かなりお安く脱毛することができるでしょう。
毛質によって回数が変わり、それによって料金が変わることもあるということを覚えておきましょう。

毛量によっても脱毛の効果や回数が変わる?

一般的な脱毛は毛質や毛量に応じて効果の大きさが変動する傾向を持ち、ワキ脱毛に関しても同様となります。
永久脱毛として有名なレーザー処理は毛が太く密集しているほど熱エネルギーの伝達効率が高まるため、産毛程度の箇所を施術するよりも剛毛状態の方が少ない回数で済む場合があります。
また、フラッシュ脱毛を用いる際も基礎は同じメカニズムですが、照射エネルギーの限界値は低いという理由により、毛穴の奥まで熱エネルギーが伝達されず、中途半端に施術が終わってしまう状況を考慮しなければなりません。
ワキ脱毛は皮膚の弱い部分を処理することになるので、刺激の小さいフラッシュ脱毛が有利に思われますが、回数を減らしたいのであれば毛質や肌状態を考慮しつつ、レーザーの施術を受けた方が確実です。