肌に負担が大きいのは自己処理

ワキのムダ毛が気になるの人のなかには、毛抜きなどで自己処理をするという人も少なくありません。
費用をかけずに手軽にムダ毛の処理ができる反面、自己処理をする場合にはデメリットもあります。
毛抜きを使ってワキ脱毛を行なった場合、毛をつまんで無理に引き抜こうとするために痛みを伴うことがあります。
また、毛を引き抜く時に肌に大きな負担をかけてしまうこともあり、引き抜いた後に肌トラブルになることもあります。
脱毛サロンでワキ脱毛を行なう場合には、業務用の脱毛機器を使って丁寧に施術してもらえます。
そのため、痛みをほとんど感じることなく施術してもらえるだけでなく、肌に大きな負担をかけることもなく安全に脱毛してもらえます。

肌トラブルにならない脱毛法は?

気になるムダ毛をスッキリ綺麗になくせるエステサロンの脱毛施術ですが、様々な方式がありその特徴は異なっています。
痛みのない脱毛をしたい方、肌に優しい方法を探している方にオススメなのが、光レーザーによる脱毛です。
ワキ脱毛の方法として代表的なものに「ニードル脱毛」と「レーザー脱毛」があります。
ニードル脱毛は針を使った方法であり、人によって異なりますが痛みがあったり、肌荒れを引き起こすケースもあるといわれています。
反対に、肌に優しいことで知られているのがレーザー脱毛です。
レーザー光の特殊な波長により、毛根を破壊するというものです。
肌細胞を傷つけずに脱毛することが可能であり、肌を大切にしたい方に向いている方法です。

光脱毛とレーザー脱毛はどっちが肌にやさしい?

ワキ脱毛を考えた場合に、美容エステや美容外科クリニックでの脱毛方法には、光脱毛とレーザー脱毛の2つの方法があります。
美容エステの場合は、医師免許がいらない光脱毛で脱毛を行います。
光脱毛は、微弱なレーザーで毛根細胞を弱らせる効果により脱毛しますが、光線の出力が弱いので、肌へのダメージは少ないです。
但し、光線が弱いために、複数回繰り返す必要があり、毛根細胞が残っているので永久脱毛はできません。
美容外科クリニックの場合は、医療用の高出力のレーザーで毛根細胞自体を焼き潰すため、肌へのダメージが大きいです。
但し、強力なレーザーを使うので、脱毛に掛かる期間が短く、毛根細胞が消滅するため永久脱毛が可能です。

照射レベルは自分で選べる?

手軽にワキ脱毛を行いたいと考えた場合に、有効な方法のひとつが、脱毛サロンで行っている光脱毛を自宅で手軽に行える、家庭用脱毛器を使う方法です。
家庭用脱毛器によっては、脱毛サロンと変わらない効果を期待できるものもあり、1台で全身脱毛を完了させる事が出来る家庭脱毛器もあります。
家庭用脱毛器を使うメリットのひとつに、肌の状態に合わせて、照射レベルを変える事が出来る事です。
ですから、照射をしてみて痛みを感じた場合は、少し照射レベルを下げる事で、痛みが少ない状態での照射が可能となります。
脱毛サロンと同じ光脱毛をする事が出来る家庭用脱毛器であれば、自宅で手軽にワキ脱毛も可能なだけでなく、肌に合わせて照射レベルを選ぶ事も可能です。

ムダ毛がなくなると汗が出やすくなるって本当?

ワキ脱毛をすると汗が出やすくなるという話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
これはまったく医学的根拠の無い俗説です。
ワキ脱毛する前とした後で、ワキにから出る汗の量に変化が出ることはありません。
こういった説が流れているのは脱毛したあとにワキ汗が増えたように感じる人が多いためです。
以前はムダ毛に付着していた汗が、ムダ毛がなくなったことでそのまま肌を伝って広範囲に流れたり、衣服に染み込みやすくなります。
そのため以前よりも汗が増えたように感じてしまうのです。
衣類が濡れると不快ですし、見た目にも不潔な感じがします。
パッドやスプレーを使うか、こまめにふき取って対策しましょう。
脱毛するとそのぶんワキの不快な臭いは減少しますので、デオドラントの面からもワキ脱毛はメリットがあります。